水巻ブログ
最新更新情報 RSS FEED
2016年11月09日
 変わり始めている今

今週福岡県で シニアの試合が行われて
います。宿泊しているのは 博多駅近く。
昨日の朝 この近くで道路が陥没しました。
テレビでの このニュースの映像を見ていると
まるで映画の 1シーンのようです。
本当に怖いことです。

今週日本の男子ゴルフツアー 住友VISA
太平洋マスターズに松山くんが出場します。
2011年優勝したこの大会 今年もゴルフ
ファンを楽しませてくれると思います。
時間のある方は ぜひ会場へ行き 世界の
トッププレーヤーである松山くんのプレーを
見ていただきたいと思います。

話は変わりますが アメリカの大統領選挙で
ドナルド トランプ氏が勝利しました。大方の
予想では ヒラリー クリントンさんが有利と
見ていましたが 選挙の結果は接戦でトランプ氏
次期 アメリカ大統領に選ばれました。
政治経験のない 戦争にも行っていない人物が
アメリカの大統領になるのです。

このことは日本にとって 良い方向に向かって
行く気がします。これから少しの間 大変な
時期があるかもしれませんが 日本が自分の足で
立ち 考え 進んでいける気がするのです。
日本らしく。

日本の都会での 信じられない道路の陥没
メジャー大会で優勝できそうな日本人プロ
ゴルファーの出現
政治経験のないアメリカ大統領の誕生

この3つの出来事には共通することがあります。
それは今までに起こらなかったことが起きたと
いうことです。

何かが変わり始めています。

2016年10月31日
 開花

今朝の気温は10度を下回り 秋を飛び越え
一気に冬になったようです。北海道や東北
での大雨や日本だけでなく イタリアなど
でも起きている大地震 地球の変化に対し
経済に重きを置いている私たち人間は
毎日の生活に追われるだけの日々を
送っています。

松山くん 中国で行われた世界ゴルフ選手権の
1つ HSBCチャンピオンズで また勝ちました。
年間4試合あるこの世界ゴルフ選手権
ワールドランキング上位者 世界各ツアーで
活躍している選手だけが 参加できる試合です。
つまりメジャー大会に匹敵する試合なのです。
この優勝は松山くんのゴルフ人生にとって
大きな1歩になったと思います。その 1歩とは
これでメジャー大会に勝てるだろうと言う
確信のようなものを持てた事です。

この事で彼はメジャーに勝てると思います。
それは何故かと言うと 彼が心のそこから
勝てると思っていると思うからです。
100パーセントできると思った事は必ず
実現します。

松山くんはここ2 3年 本気でメジャーに勝ち
たいと言い続けています。今まで日本の
ゴルファーで 絶対にメジャーに勝ちたいと
思った人はいないのではないかと私は考えて
います。つまりメジャーに勝ちたいなではなく
勝つと本気で思っている人という意味です。

人間は こうなりたいとか ああなりたいとか
未来に夢や希望を持っています。その時
「だけど・・・」みたいな事が頭の中を
よぎります。こうなると夢や希望は実現
しません。しかし 松山君のように目的地が
はっきり見え進んでいる人は 目的地に到着
します。つまりこうなる ああなると思って
いる人は 必ず実現するという事です。

今回 優勝できたことで 怪我さえしなければ
必ずメジャーチャンピオンになってくれると
思います。その上一度だけでなく 複数回
優勝できるとも思っています。

嬉しいです。日本人がメジャーに勝ちそうなこと
次の世代が欧米人と同じ意識で 世界のゴルフに
立ち向かえそうなこと そして何より アメリカは
凄い すごいと別扱いしている意識が変わっていく
ことが 本当に楽しみです。

蓋をされ 閉じ込められていた日本人の意識が
解放され始めています。

2016年10月17日
 松山英樹 日本一になる

 朝晩 涼しくなり上着やセーターが必要な
季節になりました。ゴルフをプレーするには
最高です。

昨日まで 埼玉県狭山ゴルフクラブで 日本
オープンゴルフ選手権が行われました。
四日間 天候にも恵まれ40000人以上の
ゴルフファンがゴルフ場に足を運んでくれました。
おそらく ジャンボ尾崎さんの全盛期以来だと
思います。日本で活躍している選手だけでなく
松山君 石川君 アダムスコット選手が出場
してくれたことで 日本を代表する選手すべてが
顔をそろえ 大会は大いに盛り上がり 男子
ゴルフの素晴らしさを伝えられた試合になり
ました。

優勝は アメリカでプレーしメジャーチャンピオンを
目指している松山君でしたが 池田君 片山君
小平君 石川君らも 優勝争いに加わり テレビを
見ているゴルフファンにも 満足のいくゲーム
だったと思います。

昨日の松山君の優勝で はっきりしたことが
いくつかありました。

一つ目は 現在 日本で一番強い選手は
松山君であること。

二つ目は 日本だけでプレーしている選手達が
もうワンランク(技術 体力 精神力など)レベル
アップが必要な事 そのことを池田君を筆頭に
選手達が意識できたこと。 そうなれば ゴルフ
ファンはゴルフ場に足を運んでくれること。

三つ目は 強く成りたいこれからのゴルファーの
目標が メジャーチャンピオンになりたいと強く
想いのある松山君になったこと。このことは
とても大きなことだと思います。松山君みたいに
なりたいと。現在のプロ野球だったら 日本ハムの
大谷君の存在 テニスだったら錦織君のような
存在です。松山君がそんな存在になったことです。

そして四つ目が その強く成りたいこれからの
ゴルファーの目標が 「メジャーに勝ちたい」と
心から思えるようになったこと。日本人ゴルファーの
目標だった「メジャーに出たい」は もう目標では
なく 通過点になったことです。私が20年以上も前に
アメリカのゴルフコーチと話をした「プロゴルファーに
なったらメジャー大会に出るのは当たり前 何回
勝てるか」とアメリカの子供たちは考えているという
意識に やっと日本人の子供たちが追いた気がします。
石川君がプロの試合に出始めたころ 彼のコメントは
「メジャーに出たい」でした。その時 私はアメリカ
での経験から「メジャーに出たい」ではなく「メジャー
で勝ちたい」と言うべきだよとアドバイスしました。
次の日から 彼のコメントは「メジャーに勝ちたい」に
変わりました。最初のころは 本気には聞こえません
でしたが 成長するにつれて 彼が本心から思える
ようになり その気持ちが松山君に伝わり今に
繋がっています。ゴルファーとして 自分が歩んできた
経験が 次の世代に少しでも役立つことができ 嬉しく
思っています。

他にもありますが 今回の日本オープンは男子ゴルフの
素晴らしさを 十分に伝えることができた試合でした。


【朗報】
同志社大学で2年生からゴルフを見ていた 曽田千春が
ステップアップツアー「うどん県レディース金陵杯」で
優勝しました。一昨年卒業し今年から試合に出て
一年目での優勝でした。

おめでとう 千春!


 

2016年10月03日
 若い世代の活躍

 10月に入り 今年も残すところ 三か月に
なりました。その秋真っ盛りのはずの昨日の
気温は34度 湿度も高く 気持ちが悪くなり
そうな一日でした。

 日本のゴルフ界が大きく変わるだろう出来事が
起こりました。日本女子ゴルフツアーの一番の
大きな試合 日本女子オープンゴルフ選手権で
17歳のアマチュアの畑岡奈紗ちゃんが プロ
ゴルファーを抑えて優勝をしました。49回を
むかえた今回の日本女子オープンでアマチュア
が優勝するのは初めてです。それも高校3年生。
決して女子プロゴルファーのレベルが下がった
わけでなく 逆に以前よりもプロのレベルが
上がった女子ツアーでの優勝 本当に凄いことを
成し遂げました。

ここ数年 日本の女子ゴルフレベルが上がって
います。宮里藍ちゃんが高校生の時プロツアーで
優勝してから 女子ゴルフに注目が集まり たく
さんの子供たちがゴルフを始めるようになりました。
男子の石川君や松山君も 藍ちゃんに影響を
受けていると思います。その藍ちゃんや石川君 
松山君でも出来なかった 日本のメジャー大会での
アマチュア優勝です。

畑岡奈紗ちゃんもすごいですが 三日目を終えた
時点では 15歳の高校1年生 長野未祈(みのり)
ちゃんが首位でした。最終日最終組の大きな
プレッシャーで いいプレーができず 10位に
終わりましたが 彼女のこれからにも期待が
持てます。そしてもう一人16歳の高校1年生 
西村優菜ちゃんが6位に入っています。他にも
今回は予選落ちしましたが日本女子ゴルフツアー
最年少記録を持つ 勝みなみちゃんも高校3年生
です。恐るべ高校生たち。

どうして女子高校生は強いのか?

一つ目は 女性の身体的成長があります。男性と
違い 女性は15歳くらいで大人の成人女性と同じ
くらいの体の大きさ 体力になり始めます。つまり
15歳を過ぎたあたりから 20歳過ぎのプロゴル
ファーと同じくらいゴルフボールを飛ばせるように
なるのです。

二つ目 クラブ(特にシャフト)ボールなど道具の
進化により 力の弱い人でも ゴルフを簡単に楽し
めるようになり 10歳前後から 多くの子供たちが
ゴルフができるようになったことです。以前よりも
たくさんの技術を習得する必要がなくなったことで 
簡単にいいスコアでプレーできるようになったことです。

三つ目 今までおじさんのゲームであったゴルフが 
アメリカでジュニアの選手の活躍 特にタイガーの
出現が世界の子供たちの目をゴルフに向けさせたこと 
その延長線に 宮里藍ちゃんの活躍 石川君の15歳
でのツアー優勝などがありました。特に日本女子プロ
ゴルフツアーの発展で 女子スポーツの中でのゴルフの
存在が大きくなり たくさんの運動神経のいい子供
たちも ゴルフを始めました。

四つ目 海外のゴルフに接することが増え ゴルフを
教える人のレベルが上がったことで 小さい時から
正しいスイングやアプローチショット パッティングが
できるようになりました。

そして五つ目 これが一番大きな要因ですが
いろいろな事を考えられるほど人生経験が少ない
ことです。つまり精神力が強いのです。パットは全部
入ると思ってゴルフをしているのです。実は精神力が
強いという言い方は 間違いで 若いがゆえに 
なんでもできるとしか思えないのです。ゴルフにとって 
とても大切な事です。例を挙げて説明します。
平均台の上を歩くことを想像してみてください。
平均台は高さ 1,2メートル 幅10センチ 長さ5
メートルです。もし高さがなく 地面の上に10センチ
幅のところを歩きなさいと言われたら ほとんど人は 
歩くことができます。ところが1.2メートルの高さに
なると 落ちることが怖くて スムーズに歩けなく
なります。なぜなら落ちると痛いからです。何回も
落ちて痛いことを経験したり 周りの人から落ちると 
すごく痛いよなんて聞くと 自分の意思には関係なく
足がすくみ 足が前に出にくくなります。
しかし落ちたことがなかったり 落ちてもクッションが
下に引いてあると 平均台の上を歩けるのです。
落ちたことがないは経験が少ない クッションは失敗
しても助けてくれる信頼できる親の存在です。
現在の高校生の活躍は 平均台の上を歩けると
思って歩いている結果なのです。
こんな事などが ゴルフ界の女子高校生の活躍に
繋がっています。

ちなみに アマチュアで大活躍していて プロになり
なかなか結果の出ない選手がいます。それはプロに
なって平均台から落ち痛いことを知ってしまった選手
たちです。クッションがなくなり 落ちたら痛い 怖い
という感覚が 平均台の上を歩くことに不安を持ったり
考えすぎることになり 歩けなくなっていくのです。
しかし 強くなるためには落ちたら痛いことを知った
上で 強い精神力を持ち歩いていかなくてはならない
のです。これができている人達が シード選手を
何年も続けている選手であり 申ジエさんのように
世界で活躍できる人たちなのです。

ではなぜ 男子高校生は無理なのか?
それは体力の面で成人男性に劣るからです。大学生
になると体力面では どうにかなりますがゴルフの
技術な面 ゴルフの経験値などでプロに勝てないの
です。その上 大学生になる頃には 男女とも 自分の
意志 想いが強くなり始め 考えながらゴルフをして
しまいます。これがまた 余計なのです。

そしてもひとつ。女子高校生がブロツアーで活躍で
きて 男子学生(大学生も含む)が活躍できない
理由は コースセッティングが ブロアマとも 大きく
変わらない女子に比べ 男子はプロの試合とアマの
試合では 大きく違うことがあると思います。
フェアウェイの広さ ラフの長さ グリーンの硬さ
ビンの位置など ブロの試合の条件は厳しくなる
のです。

そのプロとアマの差があった男子ゴルフ界でも
アマチュアゴルファーが育ち始めています。先週の
東海クラッシックでは3人のアマチュア選手が予選を
通過し 中でも大学4年生の日本アマチャンピオンの
亀代順哉君が7位に入りました。

2020年 東京オリンピックの日本のゴルフの代表は
誰になるのか 楽しみです。

2016年09月27日
 ダイアモンドカップ

 いつの間にか田んぼの稲は刈られ あぜ道には
彼岸花が咲き 秋の季節が始まっています。今年は
たくさんの台風が日本に上陸し 各地で大きな爪痕を
残しました。もちろん震度3前後の地震もあちこちで
起きています。町の中ではたくさんの事故や殺人事件
など 通常ではないことが 頻繁に起こり 私たちは
大きな台風も 地震も 事故や事件にも 異常と
感じなくなっている気がします。何にでも慣れてしまう
私達 これでいいのか 怖いです。
 
 先週 国内の男子ゴルフツアーは大阪の茨木カン
ツリークラブでダイアモンドカップが行われました。
この試合は 日本ツアーとアジアツアーとの共同開催
で 獲得した賞金は両方のツアーに加算されます。
つまり優勝すると 両方のツアーのシード権を取れ
来年両ツアーをプレーできるという事です。アジアン
ツアーのほうには ヨーロピアンツアーとの共同開催
の試合が何試合かあるので ヨーロッパの選手達とも
プレーができます。現在世界の中で アメリカツアーと
同じくらい高いレベルのツアーです。その試合で
ある程度上位に行くと ヨーロッパでの試合に出れる
ようになります。ヨーロピアンツアーで上位に行くと
世界ランキングが 日本でプレーする以上に上がる
ので メジャーへの出場のチャンスが出てきます。

こんな感じで 世界で活躍している選手がいます。
タイのトンチャイ・ジャイディ選手です。アジアでの
ヨーロッパとの共同開催試合で結果を残し 
ヨーロッパの試合で優勝し 世界ランキングを上げ
現在世界ランク47位 ここ数年マスターズにも
出ています。彼は今47歳 40歳を過ぎて世界に
出ていきました。こんなチャンスがダイアモンドカップ
には あるのです。平塚君 小林正則君 川村君
などヨーロッパツアーまではいきましたが メジャー
までは 行けていません。日本の選手 頑張って
ほしいです。

アジアのツアーですが いろいろな国の選手たちの
ゴルフレベルが上がっています。先ほどのトンチャイ
を代表とするタイの選手 インドの選手 韓国 台湾
フィリピン マレーシアなど若い選手たちの力が
どんどん伸びています。彼らの目標はみんなメジャー
で勝つことです。10年前には 遠い目標でしたが
今では 夢ではなくなっています。日本の多くの
選手達にもメジャーに向かっていってほしいです。

このアジアでのゴルフに火をつけたのは やはり
タイガーだと思います。それまで 欧米のスポーツと
いう意識があったゴルフ。それがタイガーの出現に
よって 世界中に広がっていきました。もちろん
本場アメリカツアーの賞金の規模も大きくなり
今では 一試合の優勝賞金が2億円近くになりました。
そのタイガーの お母さんはタイの人です。このことで
タイガーがタイへ行きゴルフの素晴らしさ プロスポーツ
のゴルフを見せ タイ国内に広がり 今では学校の
授業にも選択教科としてあるようになったのです。
現在のタイの20歳前後のゴルフレベルは 非常に高く
なっています。10年前まではアジアの選手達は日本の
試合に出ることを目指していましたが 今は日本よりも
世界に近いヨーロピアンツアーに目が向き始めて
います。これからの変化が楽しみです。


【追悼】

アーノルド・パーマーが亡くなりました。以前 私が
住んでいたフロリダ州オーランドの隣町ウインダー
メアーにあるアイル ワースゴルフコースは彼が造り 
住んでいました。私がアメリカに移住したころは
隣のベイヒルに引っ越していました。いつも ニコニコ
していました。ゴルフファンに愛されていました。プロ
ゴルファーというよりも やさしいジェントルマンでした。

彼のゴルフスタイルは 優勝か優勝以外かという
ものだったそうです。私も若いころ その言葉を聞き 
いつもピンを狙ていました。プロゴルフとは 賞金を
稼ぐものではなく 勝つか負けるかを見てもらう
精神が 世界のゴルファーの憧れになったのだと
思います。

パーマーと二クラウスを同列で並べ語られることが
多いですが 私はパーマーがいたから二クラウスが
語られるようになり メジャーの優勝記録を作れたの
だと思うのです。それくらいパーマーはプロゴルフ界に
貢献した選手だと思います。その上 選手を終えて
からもスポンサーへのサポート チャリティー活動
への貢献 現在の世界のゴルフツアーがあることは 
パーマーのお蔭といっても 言い過ぎではないと
思います。

亡くなってしまい 本人の声は聴くことができなくなり
ましたが 彼の思いは ゴルフ界だけでなく 
たくさんの人たちに残っていくのだと思います。
本当に 本当に ありがとうございました。
  
    アーニー


2016年08月30日
 変わっていく

オリンピックが終わり 一週間が過ぎました。
オリンピック選手たちが日本に戻り まだ五輪の
余韻を感じることができますが もう一週間過ぎ
と オリンピックも遠い昔のことになりそうです。

そのオリンピックに今回から ゴルフが正式種目に
なりました。112年ぶりということですが これ
だけ多くの国の選手達が参加することが 初めて
なので 実質的には 2016年大会から 始まったと
言っても いいくらいです。優勝は男子がスウェー
デンのヘンリック ステンソン 女子は韓国のパク
インビでした。世界を代表する選手が優勝して
くれたことは オリンピックでの金メダルの価値を
一層 引き上げてくれました。強い選手が勝つ
そして全身で喜びを表現する。これが次の世代の
目標になっていくのです。2020年東京オリンピック
いまから楽しみです。

国内のゴルフツアーでは 石川くんが 怪我から
復帰し 彼の復帰初戦のKBCオーガスタで初日から
首位を走り 完全優勝をしました。

試合を見ていて 感じたことがありました。
まず石川くんのこと。怪我したことで 精神的に
少し変わりました。腰痛のため身体を思うように
動かせず ストレスがたまる時間を過ごしました。
しかしこの時間は 彼にとって とても良かったと
思います。なぜかというと 15歳でプロのトーナ
メントで優勝 次の年にプロになり 日本ツアーで
戦い優勝 賞金王になりました。 アメリカに渡り
PGAツアーで戦い 順調なゴルフ人生でしたが
アメリカでの結果は 彼や彼の周りの人たちが
思っていたような結果が出ず 彼自身 精神的に
疲れきっていました。しかし スポーツ選手は
精神が疲れ過ぎていても身体が動けば 試合を
したいものなので ゆっくり休むことは難しい
のです。また休むことは 怖いのです。

しかし 身体が動かせない怪我は 試合をさせて
くれません。休まされるのです。身体の痛みは
動けなるのでわかりやすいのですが 精神が
弱っていることは わかりにくいのです。だから
やり過ぎる。注目される選手ほど 無理をしやすい
のです。今回の怪我は石川くんのゴルフ人生に
とって とても良かったことだと思います。
腰痛は完治することは ないでしょうが 怪我と
うまく付き合い 頑張って欲しいです。

そして もう一つ 怪我のお陰で スイングが子どもの
スイングから大人のスイングに変わり初めている
ことです。力のない子供からゴルフをはじめると
どうしても 身体に負担の多いスイングになります。
身体に負担がかかり過ぎると 怪我に繋がっていく
のです。今回の石川んのように。

それを克服するには 時間をかけ少しずつ筋肉をつけ
身体に負担の少ないスイングを作り変えていく。
怪我で休まされたことで 石川くんは 変えていく
ことを はっきり決断できたのだと思います。
簡単なことではないですが いい方向に向って
います。

もう一つ 石川くんのアプローチショットは
素晴らしい。私もアプローチショットが好きで
色々なことを試しながらやっていましたが
改めて 彼のアプローチショットは いいと感じ
ました。

ちなみに私が世界でアプローチショットが
上手だと思った選手は
セベ バレストロス
タイガー ウッズ
倉本昌弘
丸山茂樹
この四人のクラブコントロールは 素晴らしい
他には
ホセ マリア オラサバル
アーニー エルス
日本では片山晋吾
この三人も いいです。
石川くんも この選手達に近づき初めています。

そして最後に少し残念なこと。石川くん以外の
日本の選手たちの成長が少し遅い気がします。
40歳前後の選手たちは 頑張っていますが 20代
のエネルギーある人たちが もっとガツガツして
欲しいです。

四年後のオリンピックに出る気持ちを持って。
時間はどんどん進んで行きます。誰のことわり
なしで。

2016年08月10日
 オリンピック

 京都では 毎日35度を超える日が続いて
います。とにかく暑いの一言です。それでも
多くの観光客の人たちが京都の街を訪れて
います。

 2016年リオ・オリンピックが始まりました。
始まる前はいろいろな不安材料が報道されて
いましたが 順調にゲームが進んでいるよう
です。

やはりオリンピックは いいですね。純粋に
日本人選手たちを応援できます。日の丸が
振られていると 何となく「がんばれ」って
思います。誰の強制もなく心の中に応援の
想いが 出てきます。

このことは 選手個人へというよりは 日本の
代表として出ている選手を応援しているのだと
思います。つまり日本を応援している 日本人
である私を含むみんなを応援しているだと
思うのです。このことは日本だけでなく 
アメリカでもブリティッシュ・キングダム(イギリス)
フランス 開催国のブラジルでも 各国の人たち
みんな一緒です。

私は1994年からアメリカのフロリダ州に住居を
構え 試合などで数か国へ行きました。日本を
出たことによって 自分が なに人かを考え
させられました。日本から出たことがなかった
時には 漠然としか考えていなかった国という
ことを意識するようになりました。

国を意識するようになったので 日の丸を振る
事や 国家を斉唱することは 嬉しく思うように
なりました。国を大事に思う 地域を大切に思う
気持ちは 自分たちを思う 家族を思う 自分を
思うことに繋がるからです。

日本から出たことない時には 自分の国である
日本より 何となくアメリカのほうがいいのではと
思っていました。思っていたというより 日本での
教育や 報道で思わされていたことに 今は
気づけました。

こんな気持ちで オリンピックを見ていると 
一所懸命 戦っている選手達に心の底から
応援している自分がいます。表彰台に上がり
メダルをかけられ 喜んでいる姿を見ると
一緒になって嬉しくなります。親戚や知り合い
でもないのに。

明日から 今回からオリンピック競技になった
ゴルフが始まります。男子は片山君 池田君
女子は 大山さん 野村さんが出場します。
皆さん 応援してください。

ちなみに日本人選手たちにメダルを取って
ほしいですが 金メダル候補は 男子ゴルフは
スペインのガルシアルゼンチンのグリッロ
女子は韓国のインビー・パクか アメリカの
ステーシー・ルイスではと思っています。

オリンピック楽しいです。

以前からゴルフがオリンピック競技だったら
絶対に出場したかったです。
 
 

2016年08月02日
 全米プロゴルフ選手権

 8月に入りました。葉月です。こんな言い方を
しても わからない人たちが増えてきたと思い
ます。睦月 如月 弥生 卯月・・・・・。以前は
皆が こう呼んでいた1月 2月 3月・・・・・・。
テレビなどでの放送 カレンダーなどで使われ
なくなった言葉は 消えていきそうです。
消えていっているのか消されているのか?
消されていると言えば 今回の東京都知事選
テレビ新聞などを見ていると 3人の候補者
だけを いつも取り上げていました。
21人の候補者がいたのに。その中でも特に
インターネット上では 桜井誠さんという候補者に
大きな注目が集まっていて 街頭演説でも
たくさんの人たちが集まり 桜井さんの言葉に
耳を傾けていました。しかし大きなメディアの
取材はないようでした。インターネットで見なければ
桜井さんの事は分かりませんでした。桜井さんの
得票総数は85620票。当選した小池さんの
得票数は291万票。なんとなく引っかかります。
なんとなく。

 全米プロゴルフ選手権が終わり 今年のゴルフの
メジャー大会が終わりました。全米プロはアメリカの
ジミー・ウォーカーが優勝しました。2位にジェイソン
デイ 4位には日本の松山君が入りました。谷原君
池田君も33位と健闘してくれました。悪天候のせいで
試合が順調に進まず最終日は36ホールプレーする
選手もいました。(通常は1日18ホールプレー)
優勝したジミー・ウォーカーも36ホールプレー
しましたが このことがメジャー初優勝へのプレッ
シャーを 大きく感じずプレーでき いい結果に
つながったのだと思います。

実はゴルフでプレッシャーを大きく感じるのは プレー
している時もありますが 一日のプレーが終わり
次の日 朝スタートするまでの時のほうが大きく感じる
ものなのです。優勝経験の少ない人ほど大きくなり
ます。メジャー初優勝となれば なおさらです。

通常ゴルフのトーナメントは四日間です。つまり一日の
プレーが終わり 次の日のプレーまでの夜の時間は
3回あります。優勝争いをしていると この3回の夜の
時間に 余計なことを考えやすいのです。この事が
次の日のプレーに影響を与えます。ひとつ一つの
プレーの結果に敏感になりやすくなるのです。練習の
時には考えないようなことまで心配し始めるのです。

しかし いつも上位で優勝を争っている選手たちは 
練習の時に近い精神状態で夜を過ごせるため次の
日のプレーは いつもの通りのプレーができます。

今回の全米プロは最終日36ホールプレー 通常の
三日目と四日目の夜のプレッシャーがなかったのです。
それでも終盤のジェイソン・デイの追い上げ 特に
デイの最終ホールでのイーグルのあと 大きな
プレッシャーの中 10mのパットをしっかりと
2パットで決めたジミー・ウォーカーのプレーは
素晴らしかったです。

今年の4つのメジャー大会終わりました。すべて
メジャー初優勝の選手達でした。
ダニー・ウィレット
ダスティン・ジョンソン
ヘンリック・ステンソン
ジミー・ウォーカー

優勝をしたいと強く思いを持っていたジェイソン・デイ
ローリー・マキュロイ ジョーダン・スピースたちは
優勝には手が届きませんでした。狙って優勝する
ことは 本当に大変な事なのだと思います。
だからタイガーはすごかったのだと思います。
来年は誰が 初メジャーチャンピオンになるのか?
4つのメジャーのうち2つは初めてになりそうな気が
します。

誰だろうか?


2016年07月18日
 やはり世界一楽しい全英オープン

 昨日 無事に山鉾巡行が終わりました。そして
夜には神幸祭が行われ 八坂神社から四条通りの
お旅所まで 三基の神輿が街を練り歩きました。
7月の京都は たくさんの祭事があります。

 2016年の全英オープンの最終日はゴルフの
歴史に残るような一日でした。ミケルソンとヘンリック
ステンソンのプレーは まるで1対1のマッチプレーの
ような戦いでした。三日目を終わって二人の優勝争い
になっていましたが 最終日は三位以下の選手達が
他のトーナメントをプレーしているように 二人だけの
ゲームになりました。

ミケルソンバーディー ステンソンボギーでスタート
した最終日 2番から3連続バーディーのステンソン
に対し4番でミケルソンはイーグル。このイーグルで
二人だけの世界に入っていきました。試合の相手は
目の前の選手だけのように。前半の9ホールを
終了してステンソン1打リード。残り9ホール。10番
ホール互いにバーディー。このあたりから リード
しているステンソンが優勝を意識し始めます。自分の
順番になってからボールを打つまでに少しずつ
時間が掛かり始めていたのです。

そんなプレッシャーがかかり始めた11番ホール。
1mのパーパットを外し3パットのボギー。ここで
二人のスコアは並びます。流れはミケルソンに
ありましたが 12番 13番はお互いにパー。
14番のショートホールでステンソンが4mのバー
ディーパットを決め また一打リード。続く15番 
リードしたステンソンのセカンドショット。前の
ホールまで積極的にピンを狙っていたショットから
安全に左サンドのピンを狙わず右へ。ボールは
グリーン右サイド ピンまで12m。ミケルソンの
セカンドショットはピンに真っ直ぐ飛んできましたが
8m手前に。そしてお互いのバーディーパット。
ここで 先に打ったステンソンがバーディーパットを
決めたのです。流れは一気にステンソンへ。
ミケルソンはパー。2打差であと3ホール。

16番パー5。先に打ったミケルソンのセカンド
ショットはグリーンをとらえ5mのイーグルチャンス。
勝ちを意識したステンソンのセカンドショットは大きく
左に曲がり長いラフの中へ。まだまだわかりません。
しかし勝利の女神は 次の三打目 明らかにステン
ソンに味方したようです。長いラフの中のステンソンの
ボールはクラブを振るのに問題のない長さ。その上
ピンを狙う方向にはポットバンカー(このバンカーに
入ると寄せることが難しい)がなく 安心してピンを
狙える。ここから彼は すばらしいアプローチで1m
30cmに寄せます。

ミケルソンのイーグルパット。ラインを読み切った
パット。しかしボールは カップの手前で何かに
押されたようにブレーキがかかり左に曲がり 
カップの左端に止まります。イーグルはならず
バーディー。そしてステンソンは1m30cmの
パットを決めバーディー。ここで試合が決まりま
した。もちろんあと2ホールあるので ミケルソンは
最後まで あきらめずにプレーをしていましたが
16番のイーグルパットが決まらなかったことで 
ゲームへの集中力が途切れたようでした。

ステンソンは最終ホールでもバーディーを取り 
メジャー大会初優勝 そして264ストローク 
20アンダーで 全英オープンでのタイガーの記録を
抜き 新記録も達成しました。40歳での快挙です。
負けはしましたが46歳のミケルソンも素晴らしかった
です。勝負を決めたのは 最後までミケルソンに隙を
与えなかったステンソンの精神力だったと思います。
普段ならば入って当然の16番ホールの1m30cmの
バーディーパット。もしあのパットを外していたら 
ミケルソンが勝っていたのではと思っています。
それくらい大切なパットだったと思います。

今年の全英オープン 楽しかったです。今世界の
中心である20代の選手だけでなく40歳の選手が
優勝 46歳が2位 49歳のスティーブ・ストリッカー
が4位 52歳のスペインのヒメネスが18位 タイの
46歳のトンチャイ・チャイディーが22位 活躍して
くれました。ゴルフとは面白いゲームです。やはり
全英オープンが世界のトーナメントの中で 一番
好きな試合です。


<嬉しいこと>
3年ぶりに ジョン・ミジョンさんが優勝して
くれました。2007年12月に一緒にテレビの
仕事をして以来 ずっと応援していた彼女が 
また勝ってくれました。
勝ってくれたこと以上に 涙ながらに喜んでいる
彼女を見ていると 嬉しくなります。
本当に良かった。
 


2016年07月15日
 全英オープン初日

 全英オープン初日が終わりました。日本からの
8人の選手達 頑張ってくれています。池田君
今平君が3アンダーの12タイ 市原君2アンダー
の22位タイと 上位にいます。期待の松山君
谷原君は1オーバーの75位タイでした。

トーナメントリーダーは20年以上世界のトップを
走っているフィル・ミケルソン。8アンダー ノー
ボギーのプレーでした。46歳になった今でも
300ヤードを飛して 若い選手達にも負けて
いません。経験豊富な彼ですから 最後まで
優勝争いをしてくれると思います。

優勝候補筆頭のジェイソン・デイは先月の全米
オープンと同様 初日出遅れて2オーバー。
デイ自身が意識をし過ぎて 空回りのような
初日でした。もう一人の優勝候補マキュロイは
2アンダー こちらは いいスタートがきれました。
最終日はミケルソン マキュロイを中心に優勝
争いを見ることができそうです。

初日を終えて気になる選手が何人かいます。
全英オープンチャンピオンであるザック・ジョン
ソン ガルシア ジャスティン・ローズそして
アメリカのトニー・フィナウこの4人は やって
くれそうな匂いがします。池田君にも 頑張って
ほしいですが。

あと三日間楽しみです。

プロフィール
ツアー通算データ

カレンダー

最近のエントリー
過去のエントリー
ベストスコアへの道!坂東英二のゴルフ塾

鳴尾ゴルフ倶楽部

Mizuno

Titleist